脱毛サロンで脱毛中は毛抜きでの自己処理はストップ

subpage01

脱毛サロンに定期的に通い光脱毛の施術を受けている間、ムダ毛の自己処理は注意する必要があります。
それは毛抜きでつまんで抜く事です。

これをやってしまうと脱毛サロンに通っている意味がなくなってしまう場合があるからです。

脱毛サロンで行われる施術方法は光脱毛です。
毛根に光を照射する事でダメージを負わせ、定期的に何度も繰り返し照射し続ける事で毛を生えにくくさせるのが特徴です。

そのため施術を受ける場合は、シェーバーなどでムダ毛を剃り、少し黒い部分を残した状態で光を当てます。黒い部分を残した事で、そこに集中して光は当たります。それによって毛根を破壊し減毛、脱毛を促します。
このような仕組みから光を照射させるためには、ほんの少しの黒い毛と毛根は必要となるため、自己処理として毛抜きで抜いてしまうと、次回の施術が出来なくなります。
光脱毛は毛周期に合わせて照射するのが基本なため、そのサイクルが乱れる事で、十分な効果を得る事が出来なくなります。
それだけ毛抜きでの自己処理は致命的とも言える行為です。


光を照射されたムダ毛は、しばらくするとスルッと抜け落ちるようになります。


そのため放おっておいて良いのですが、どうしてもムダ毛が残ってる事が気になる人は自己処理をしてしまいます。
その場合シェーバーで剃るのは問題ないですが、毛抜きを使って毛根ごと抜き取ってしまう人が必ずいるものです。


間違った自己処理でせっかくの光脱毛の恩恵を受けられなくなるのは残念です。

きちんとした脱毛に関する知識を持ち、脱毛サロンのスタッフ任せにする事なく、自分でも理解をする事が大切です。